転職は自分の可能性を広げるためにするもの

転職は自分の可能性を広げるためにするもの

転職するか悩んだら

 今の企業で働く日々の中で不満を感じ転職をするか真剣に悩むようになってきた。そんな事ではこの先、仕事に関してポテンシャルもあがらなく企業にも迷惑です。もちろん乗り越えなければいけない時と乗り越えられない事をしっかり考えることは大切です。上司に相談し解決できる事もあります。ですがそれでも転職を決意したのなら転職に向けて新しい一歩を踏み出してみましょう。

 

中途採用で企業が求める事

 中途採用は企業側が人材に求める事に大きく分けてポテンシャルとスキルに別れます。20代ではスキルが薄い事は明らかなのでポテンシャルを求めます。20台後半から30代半ばでは両方のバランスが良い方がよく、それ以降の年代はスキル中心で選ぶ事が多くなります。もちろん一概には言えませんが、中途採用は即戦力かこれから育てなければいけないのかを、判断しなければいけないので年齢とポテンシャルとスキルは大き判断材料になります。自分がどの位置にいるのかそれに見あった転職先の探し方も視野に入れておきましょう。

 

前職の業種は考えない

 転職する人は経験を活かそうとまた同じ業種を選ぶ人が多いですが、同じ業種じゃないと面接で不利と決めつけてはいけません。先ほどスキルと記しましたがあくまで社会経験の事です。全く同じ業務だったら別ですがそんな事はありえません。もちろん同じ業者だったら中途採用を決める企業側も頼もしいですが、転職を探すにあたってそんなに幅を狭めては勿体無いです。自分の可能性を信じましょう。転職はまた新しい事ができるせっかくのチャンスです。人生の中で自分が納得できる生活を送れるようにきちんと次の職場をえらんでみてください。きっと自分にあった職場ば見付かるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ