転職の際の注意点やスキルについて

転職の際の注意点やスキルについて

 転職の際に重要なのは、行動力です。効率よく動くことは重要ですが、とにかく動くことがより重要です。というのも休職期間が長すぎると、採用試験では不利になることが多いからです。スキルがある場合はそれを活かすのが一般的ですが、専門職はライバルとなる人たちもスキルを有していることになるので、スキル以外の個性を見せつける必要があります。

 

 気をつけたいのは自身の能力が高いことを主張し過ぎないことです。大抵の仕事は集団で行動し、成り立っています。そのため面接官はコミュニケーション能力があるかどうかを見ていることがあるのです。最近では面接官が無理難題をふっかけてくることがありますが、彼らは正解を求めて無理な質問をしているわけではありません。答える過程を見ることで、あなたの人となりを見ているのです。そのことを忘れずに行動することが大事です。

 

 履歴書の書き方については、過去の仕事について事細かに書いておくと評価されるケースもあります。正社員としての経験だけでなく、アルバイト経験も場合によっては利点となります。新卒とのメリットは過去の経験なので、そこを売りにして活動していきましょう。ちなみに履歴書はパソコンで書くことも可能で、大量に用意するときにそういった方法が役立ちます。また求人サイト、転職サイトを利用する場合はプロフィールを書いておくことで、会社側からコンタクトしてくるといった場合もあります。



ホーム RSS購読 サイトマップ