転職をする場合って

転職をする場合って

 転職活動は現在の職場を辞めてから行うのが良いのか?働きながらでも良いのか?という疑問。これはどちらでも構いません。要は転職活動のスタイルの違いです。どちらにも良い点、悪い点があります。まず退職してから行う場合。こちらは時間がしっかりあるので、求人などの情報収集する時間がしっかりとれる。就職活動をメインに行動できるので予定が建て易く、一日に複数の面接などがあっても対応しやすい。新しい資格やスキルを得る為に通学や勉強する時間も出来る。失業手当などが受けられるなど良い点があります。

 

 反面、収入が途絶えるので生活費の準備が必要になる。失業が長引くと希望条件に妥協をしたり、意欲もなくなっていく。自堕落な生活になりがち。家族に不安を与えるなどデメリットもあります。そして働きながらの転職活動の場合です。メリットとしては収入が途切れることがない。働くことのブランクもない。転職先を決めて退職を申し出ると慰留されにくい。税金などの面倒な手続きを自分でしなくて良いなど。

 

 デメリットは仕事に追われると転職活動自体をする時間が取りにくい。面接などの時間を空けるのに苦労する。新たな資格・スキルを得る時間はない。早期出社を望む転職先の場合、選考で不利になるなどがあります。両方のやり方にメリット、デメリットがあるので自分の環境でどちらの方法を取るべきか選ぶといいでしょう。最近の傾向では失業状態に陥ることを恐れて、働きながら活動するという人が増加しているようです。どちらの方法を取るのか、慎重に検討して転職目標を達成できるように活動しましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ